お茶について


b0141174_22342154.jpg
お待たせしました
行ってきました!!一保堂茶舗さん。定期教室。
今回は玉露の会。
基本的な玉露の丁寧な淹れ方から
急な来客や7・8人の来客にもそこそこ美味しく飲める裏技まで!
濃厚なエッセンスの詰まった4つのプログラムで構成された玉露の会でした。

1・簡単なお茶の種類についての「玉露が出来るまで」からはじまり、説明ばかりで退屈する暇などありません。
2・まずは実践あるのみ!!「淹れてみましょう」一人ひとり急須と湯のみが手渡されます。
3・あくまで嗜好品。高価なものには理由があります。「玉露の選び方」
4・お茶は生きています。以外に知らなかった「お茶の保存」


私が今回のこのイベントで一番驚いた事は玉露は外のお茶と違ってウイスキーのように1滴
1滴を舌の上で転がして味わうもの。
本来小さめお酒のお猪口くらいのものでちびちびやるものとの事

私がここでうんちくをコメントするよりみなさんも是非是非参加してみてください。
インターネットによくあるお茶の入れ方の基本とはまったく違い
見て。触って。匂って。感じて。
5感をフルに使った約1時間¥1575(税込み)のイベントでした。

きっと価値あるイベントと感じてくださると思います。
興味のある方はこちらをごらんください。
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-07-28 22:35 | 今日の出来事
<< 自家製かりんとう 焼酎いろいろ >>