おもてなしの心得

またまた行って参りました。一保堂茶舗のスペシャルイベント
「夏のおもてなし」がテーマのイベント。

寺町二条下ルのフローリストショップ プーゼさんと二条上ルの一保堂で「涼を呼ぶ夏のおもてなし」をご提案する
約90分のイベントでした。

プログラムは巧みに構成されており、水出しのお茶(玉露と煎茶)を抽出している約50分の間に
かわいらしいお花のアレンジメントを。

お茶の簡単な説明からはじまり、今回は水出しお茶がメインですのでこの淹れ方の特徴と旨味。
プーゼさんはお花の長持ちするコツからこんなものにお料理やお茶をのせておもてなししてみては?あんなんもこんなんも身の回りを見渡すべし。

アレンジメントが出来上がりみんながほっと一息いれたいと感じた頃に仕込んでおいたお茶をいただきました。
さらにさらに最後に一保堂さんスタッフから参加者1人ひとりにお抹茶のお手前をおもてなししていただきました。
お抹茶の新たな飲み方。飲み方は自由。そしてもっと身近でこんなお菓子と合いますよ!
とお抹茶の興味深々なお話ばかり。

という今回も退屈無用!お抹茶の定期教室にも行きたくなるようななんともうまいことできたプログラムでした。


水出しのお茶もお花のアレンジメントも両者とも初心者向けに構成されており、定期教室に続き価値あるイベント¥5250でした。b0141174_18132925.jpg
時間内で作ったフラワーアレンジメントはお持ち帰り出来ます。早速お店に持ち帰りパシャリ。
自分が作ったものとなると、なんともかわいく思えてくるものです。
こちらもわたしがうんちくを語るよりみなさん是非ぜひ参加してみてください。(男性の方もきっと楽しめるイベントです)
私が参加したのは8月1日(金)13時30分からのイベントでしたが残念なことに8月2日(土)はどの時間も満席だとの事。




毎回このイベントは満員御礼状態だそうです。(参加して納得)
次回のイベントは未定ですが、定期教室は以下の通りです。
b0141174_21405948.jpg


興味ある方はこちらにお問い合わせください。

徳寿 NORIHISA KYOTO








------------
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-08-02 04:32 | 今日の出来事
<< 新さんまの季節です 自家製かりんとう >>