秋の味覚その2

b0141174_21363144.jpg

そうです。
やはり秋の食材ー代表格「松茸」
ここで少しばかり、うんちくを

茸は豊かな香りとうまみ、しゃっきりとした歯ごたえが大きな特徴。
この香りの正体はといえば、松茸だけ持つ「マツタケオール」という成分で、うまみ成分は「グリニル酸」と呼ばれるものです。
きのこ類のなので、低カロリー食材はもちろん。
食物繊維が豊富で、そのほかビタミンB2やビタミンDなどが含まれています。
 
中国では漢方にも用いられ、冷えや血行不良の改善、下痢の回復などに効用があるといわれているそう。

栄養価や効能も優秀なのですね。
今回私も初めて知りました。

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-10-09 21:48 | 食材について
<< 眺めいろいろ 秋の味覚 >>