整理整頓

小学校時代
担任の先生が月間目標として「整理整頓」
と大きく書かれていた黒板を微かに記憶しています。
四字熟語の中でもよく目にし、よく耳にする代表格だといえるでしょう。

今思い返せば幼少のころの方が
「整理整頓」を遂行できていたかの様に思います。

歳を重ねていくうちに、自分に飛び込んでくる情報量も増え、
責任や重要な書類も扱うことが増えてきます。

やらなければいけない事が増えれば増えるほど、「整理整頓」が重要なのにもかかわらず、
自分ひとりがわかっていれば、良いのだ。
と歳を重ねるに反比例して、協調性が反比例している自分に気づかされた出来事がありました。

ご家族4人が徳寿でお食事を楽しみにきてくださいました。
「えーっと確か以前にもきてくださったお客様。アンケート用紙にお名前も記入してくださっていたはず!」
と思いきや、名前を確認しようと。
アンケート用紙をいつも保管しているところへ、いざ手にしようとも

「ない!」
「なーい!!」
「あれっ?あれっ??」


結局お客様がお食事していらっしゃる間にアンケート用紙は発見できずしまい。
再来のお礼はお伝えする事は出来ても、お名前でお声を掛ける事が出来ず・・・・。

反省。ひたすら反省しております。

実はこんなことは日常茶飯事だったので。

一大決心しました。

書道教室につづき2つ目の一大決心です。


「整理整頓」ー誰が見ても分かりやすく!すっきりさっぱり!させるために。
「京町家 de ファイリング」講座
受講決心しました。
主催してくださったのはこの方

講師はファイリング・コンサルタント
小野 裕子 氏

岡山県出身。
株式会社 イトーキファイリング研究所を経て、2005年に独立。
約20年の現場でのファイリング指導経験をもち、民間企業(数千人規模、海外の日系企業などの実績あり)から、各種団体や行政、個人事務所まで多数の指導実績をもつ。

現在は、大手企業だけでなく個人事業者や一般家庭まで、幅広くファイリングの導入や普及のために活動している。
また、整理収納アドバイザーとして講座を開いたり、個人宅の整理収納のアドバイスも行う。

夢をかなえるファイリング

この日の講義内容では

①かんたんな日本における「ファイリングの歴史」を簡単に。

②企業ではこんな形を基本として指導しています「ファイリング指導とは」

③もちろんご家庭でも応用できます「ホームファイリングのすすめ」


という流れでお話し頂きました。

この講座ほんとによく構成されていて
目に見えるものを整理することだけではなく

夢や目標を整理することで現在の自分の在り方を改めることができました。

受講教材であるボックスファイルや個別ホルダーといったスターターキットがお土産でお持ち帰り出来るのです。

たぶんこのスターターキットを持って帰っていなければ、受講終了後も果たして実践していたでしょうか?
一大決心をしていたのにも関わらず、甘~い自分がいまだ健在です。


徳寿 NORIHIA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-10-13 15:44 | 今日の出来事
<< おいしい樽生あります 自分スタイル >>