カテゴリ:当店の一品( 22 )

かにの季節です

こっぺ蟹って食べるとこな~い!!
そんな事を言っている方はどこのだ~れだ!?
b0141174_18325344.jpg


見てください!!
余すところなく取り出された身ときれいな卵たちを011.gif

こっぺ蟹とはいろいろな愛称でよばれていますが
松葉かに(ずわいかに)の雌のことを指します。
地元丹後地方では、「こっぺ」の愛称で昔から親しまれてるそう。043.gif
山陰地方では「せこかに」と呼ばれ、他にも、親がに、母かに、香箱など、土地、地方によっていろいろな呼び名があります。

特徴としては大きさも松葉かにと比べ、一目で分かるほどかなりの違いがありますが、見た目とは裏腹に、かにの美味しさをすべて含んでいると言えるでしょう。038.gif
写真にはアップされていませんが、かに味噌も美味056.gif

資源保護の為、漁獲時期は11月6日から翌1月10日の約2ヶ月間だけです。
漁が許されているのも、世界でも北陸から山陰にかけての日本海側だけです。
まさしくこの地方だけに許された特産品!!

お値段もお手ごろなため、居酒屋などでもよく見かけますが、食べにくいところが難点042.gif
徳寿では料理長が丁寧に身を取り出してくれています。
皆さんはあとはお箸で口に運ぶだけ♪

ご賞味あれ☆

徳寿NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-11-18 18:47 | 当店の一品

八寸

「焼物八寸ってなんですか?」

お昼のコースの内容をご説明する際よく聞かれるので
ここで簡単に

焼き物と一緒に
その季節の食材。海のもの、山のものを数種類色鮮やかに盛り付けたものを指します。

b0141174_1858188.jpg


いろんなものが少しづつ頂けるのもうれしい038.gif

徳寿の焼物八寸のご紹介でした。

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-11-11 19:07 | 当店の一品

寒~い季節には・・・

b0141174_17401036.jpg

すっかり寒くなり、お鍋の恋しい季節になりました♪
フーフー011.gifあつッあつッ058.gif
すっぽん小鍋はいかがですか?
「寒いね~」
と背中を丸めていらっしゃったお客さまが
このお鍋を食べると。
ほっこり、体の芯まで温まってお帰りに。

今日はアサヒビールうまい生樽のお店に
徳寿も載せていただくことに。(出来上がり次第またお知らせします)

このすっぽん小鍋はHP写真撮影のために料理長に用意してもらいました。

もちろん撮影の後は私の特権-試食タイム。037.gif
賄いを食べた後にまたペロリ。
ひとり占めして美味しくいただきました。043.gif043.gif043.gif
徳寿の常連のお客さまが毎回必ずこのお鍋をお召し上がる理由
ガッテンしました060.gif

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-11-10 18:20 | 当店の一品

季節の炊き込みご飯

b0141174_17182696.jpg

今日から早速お昼を再開させていただくことになりました。
もっと詳しいメニューの内容が気になるわ011.gif
という方に。少しだけ写真つきでご紹介。

本日の季節の炊き込みご飯は
【しめじとむかごの釜焚きご飯】
お客様の了解を得てからお写真撮らせていただきました。ワーイ012.gif
しめじはしゃきっとジューシーに
むかごはしっとりホクホクにコラボレーションしています。
料理長に無理を言い、賄いで頂きました。003.gif

しめじとむかごは決して派手な食材とはいえませんが両者ともしみじみと美味しい食材です。

とくにむかごの大きさや食感は里芋や海老芋とは違う。

俳優で言うならば名前こそ思い出せないが、顔はよく見かける名脇役的存在。
脇役なのですが、その役はその人以外に適役はいないのでは?
そんな風に思わせるそんな俳優みたいな食材だと私は思うのです。


徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-11-01 18:30 | 当店の一品

今日の先付け

あっという間に寒くなってきた今日このごろ。
寒い日にはまず温かい先付けを。
ということで、今日は揚げなすのお浸しに南京みそを添えた1品。
b0141174_20562878.jpg

栗チップの香ばしい風味がまたお料理のアクセントに。

徳寿NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-10-02 20:59 | 当店の一品

ひやおろしの季節です予告編

暑かった夏も過ぎ去り、食の秋に突入しました。
美味しい食材にはおいしいお酒は必須です。
みなさまお待たせいたしました。
ひやおろしの季節です。
ここで日本酒の豆知識を少し。
ひやおろしとは春に出来たお酒を酒蔵で静かに眠らせ、夏を経て熟成した味を楽しめるお酒です。
夏の暑さから開放され、気温がぐっと下がり、お酒の温度が冷たく感じられる頃に卸されるお酒なので「冷おろし・ひやおろし」と呼ばれるようになった由縁。

時が刻んだ味わいはより深く、風味は1段と増します。
さてさてうんちくはともあれ、うまいものはうまい。
早く飲みたいものです。
徳寿では季節限定10月1日よりひやおろしフェアを開催します。
夏のビールフェアにつづき日本酒のラインナップは以下のようになっております。

徳寿が厳選したひやおろしはこちら

秋田産 うまからまんさく 特別純米
静岡産 開運        純米
京都産 英勲        吟醸
滋賀産 喜楽長      特別純米
愛媛産 石鎚        特別純米

お楽しみに!

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-09-21 16:07 | 当店の一品

ひと手間そしてひと手間

b0141174_20172772.jpg

きらきらと金色なのはいわし。
このまま食べてもおいしいこと間違いなない!のですが、こちらは先付けのための1品。
こちらはまだまだ完成品ではありませんが、ついついつまみ食いしたくなるほど、美味しそう!

その1 ひと晩塩水に漬けこみ血抜き作業
その2 そして写真のようにこんがりと焼き目をつけ
その3 じっくりことこと1日がかりで焚き上げ
いわしの香梅煮のできあがり。
ご家庭ではなかなかカットしてしまいがちな工程を
惜しまないいわしの香梅煮はいわしの苦手な方にも是非ぜひ食べていただきたい1品です。
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-09-04 20:32 | 当店の一品

あわび

今日はとっても美味しそうなあわびが入ったのでパシャリ。
最近しばらく、お店のお料理をご紹介できていなかったので、本日は久しぶりに。
b0141174_2293255.jpg

私はお造りを食べるときは燗酒をあんまり飲まないのですが、あわびだけは別格に燗酒が欲しい~と。禁断症状がでてしまいます。

他のお造りなどもそうだと思うのですが、鮮度はもちろん、切り口、切り方、切り身の大きさで
お造りの味は大きく7変化します。
切っただけと思われがちなお造りこそ、食材を生かすか殺すかは調理人しだいなのであります!!
今回は斜めに照らして切っていますが、さいころ状にカットしたあわびもGOODです。
皆さんはどちらがお好きですか?
徳寿で食べ比べしてみても面白いかもしれませんね。
食べ比べおすすめします。

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-08-30 22:25 | 当店の一品

イタリアワイン

今日は先日サンタルチア(大阪 肥後橋近く)に伺った時のワインのご紹介を。
b0141174_2142456.jpg


"Cerro"Verdicchio di Matelia D.O.C 2006
ブドウ品種ヴェルディッキオ

熟した果実やアーモンドの香り、花の香りがあり味わいは辛口ではありますが、とっても飲みやすいワインです。
どのくらいのみ易いかといえば、ソフトドリンクのようにがぶがぶ飲みたい感じです。

シャブリなどより辛さはやや控えめですが、お魚などにもよくあいます。

実は徳寿でもご用意しておりますので、和食に合う白ワインをお探しの方、お待ちしております。

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-08-29 21:21 | 当店の一品

ばっかん

今日も新たな食材が
b0141174_23202182.jpg

ご存知の方からしてみればな~んだ!という事なのですが、
ご年配の方はご存知の方も多いかも?

甘ウリ、まっかウリ。ともいうそうです。
ウリ科の野菜でメロンのような香りがします。
日本にもまだまだ知らない野菜が盛りたくさん!
新たな発見でした。
美味かどうかはこの野菜の認知度に比例しているのかな?
とふと思いながらも、
新たな食材に出会うと料理長は
「見て!見て!」
とまるで子供みたいにうれしそうです。

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-08-10 23:20 | 当店の一品