カテゴリ:今日の出来事( 31 )

おもてなしの心得

またまた行って参りました。一保堂茶舗のスペシャルイベント
「夏のおもてなし」がテーマのイベント。

寺町二条下ルのフローリストショップ プーゼさんと二条上ルの一保堂で「涼を呼ぶ夏のおもてなし」をご提案する
約90分のイベントでした。

プログラムは巧みに構成されており、水出しのお茶(玉露と煎茶)を抽出している約50分の間に
かわいらしいお花のアレンジメントを。

お茶の簡単な説明からはじまり、今回は水出しお茶がメインですのでこの淹れ方の特徴と旨味。
プーゼさんはお花の長持ちするコツからこんなものにお料理やお茶をのせておもてなししてみては?あんなんもこんなんも身の回りを見渡すべし。

アレンジメントが出来上がりみんながほっと一息いれたいと感じた頃に仕込んでおいたお茶をいただきました。
さらにさらに最後に一保堂さんスタッフから参加者1人ひとりにお抹茶のお手前をおもてなししていただきました。
お抹茶の新たな飲み方。飲み方は自由。そしてもっと身近でこんなお菓子と合いますよ!
とお抹茶の興味深々なお話ばかり。

という今回も退屈無用!お抹茶の定期教室にも行きたくなるようななんともうまいことできたプログラムでした。


水出しのお茶もお花のアレンジメントも両者とも初心者向けに構成されており、定期教室に続き価値あるイベント¥5250でした。b0141174_18132925.jpg
時間内で作ったフラワーアレンジメントはお持ち帰り出来ます。早速お店に持ち帰りパシャリ。
自分が作ったものとなると、なんともかわいく思えてくるものです。
こちらもわたしがうんちくを語るよりみなさん是非ぜひ参加してみてください。(男性の方もきっと楽しめるイベントです)
私が参加したのは8月1日(金)13時30分からのイベントでしたが残念なことに8月2日(土)はどの時間も満席だとの事。




毎回このイベントは満員御礼状態だそうです。(参加して納得)
次回のイベントは未定ですが、定期教室は以下の通りです。
b0141174_21405948.jpg


興味ある方はこちらにお問い合わせください。

徳寿 NORIHISA KYOTO








------------
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-08-02 04:32 | 今日の出来事

お茶について


b0141174_22342154.jpg
お待たせしました
行ってきました!!一保堂茶舗さん。定期教室。
今回は玉露の会。
基本的な玉露の丁寧な淹れ方から
急な来客や7・8人の来客にもそこそこ美味しく飲める裏技まで!
濃厚なエッセンスの詰まった4つのプログラムで構成された玉露の会でした。

1・簡単なお茶の種類についての「玉露が出来るまで」からはじまり、説明ばかりで退屈する暇などありません。
2・まずは実践あるのみ!!「淹れてみましょう」一人ひとり急須と湯のみが手渡されます。
3・あくまで嗜好品。高価なものには理由があります。「玉露の選び方」
4・お茶は生きています。以外に知らなかった「お茶の保存」


私が今回のこのイベントで一番驚いた事は玉露は外のお茶と違ってウイスキーのように1滴
1滴を舌の上で転がして味わうもの。
本来小さめお酒のお猪口くらいのものでちびちびやるものとの事

私がここでうんちくをコメントするよりみなさんも是非是非参加してみてください。
インターネットによくあるお茶の入れ方の基本とはまったく違い
見て。触って。匂って。感じて。
5感をフルに使った約1時間¥1575(税込み)のイベントでした。

きっと価値あるイベントと感じてくださると思います。
興味のある方はこちらをごらんください。
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-07-28 22:35 | 今日の出来事

夏のおもてなし

b0141174_23243499.jpg

素敵なイベントのご紹介
一保堂さんのイベントを発見しました。
ご存知の方もいるとは思いますが、
夏に美味しい水出し玉露と煎茶の入れ方をお花のアレンジメントと共に
ご紹介していただくイベントです。
一保堂さんは定期教室の講座も開いているのでそちらも是非参加してみようと思います。
興味のある方はHPをご参考にしてみてください。

食事の後にほっとするお茶はやっぱり美味しくないと!
お茶に入れ方を思考錯誤している毎日なので、よりよい美味しい入れ方習得してきます!!
みなさましばしお待ちを!

徳寿 
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-07-18 23:37 | 今日の出来事

祇園祭り♪

ところどころで音から季節を感じます。
お囃子のBGMが祇園祭りが間近だと言うことを知らせてくれます。

過去に祇園祭りという事を忘れて、四条近辺に自転車ででかけてしまい、
身動きが取れなくなってしまった思い出があります。
京都に住んでいると、昔はわくわくしていた行事が平坦に感じてしまう自分がいます。
今年は改めて祇園まつりを満喫したいと思います。

みなさんにはどんな思い出がありますか。

徳寿NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-07-11 23:12 | 今日の出来事

安芸の宮島

b0141174_3122744.jpg

先日宮島に行ってきました。
海にそびえ建つ大きな鳥居も幻想てきでしたが、
よ~く見てください。

思わずお尻を追っかけてしまいました。

歩くたびにお尻のハートがぷりぷり動きます。

かわいらしいでしょ?

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-07-11 03:21 | 今日の出来事

七夕

気がつくと今日はすでに七夕なんですね。
去年のことを思い出してみると、1年ってあっというまに過ぎますよね。
しかも年々早く、過ぎていく気がします・・・

ここ数年、夜空も見上げてなければ短冊も書いてはいません。
いつのまにか季節の行事を楽しむことを忘れていくんです。
気持ちに余裕がないからなのでしょうか・・・

商店街に行くと一足早い七夕祭りをしていました。
浴衣を着た、ちびっ子達が屋台でクジをひいたり、わたあめを食べたり
やっぱり祭りの雰囲気っていいですよね。

日本料理を作っているからではないですけど
季節を感じて、季節を愛でる気持ちを持ちたいなと思いました。
と、いうわけで今晩は久しぶりに天の川でも
見上げてみようと思ってます。もちろんアルコール有りで!
b0141174_1474580.gif

[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-07-07 01:47 | 今日の出来事

うまい!この1杯。

蒸し蒸し。
じめじめ。
まさに京都の夏を表現するには欠かせない言葉!!
ほんとにもう7月なんだ。と実感した今日1日でした。
お店ではクーラー三昧ですので自宅ではまだまだクーラーは使用していませんが、
このままでは今日帰ってからすぐにでも押してしましまいそうな勢いです。
京都に住み始めて10年近くになりますが、この暑さと住み心地を天秤にかけると
不思議と住み心地が勝利してしまうのです。

なんだかんだ言っても暑い暑いといいながら飲む1杯目のビールはたまらんオイシイからかも?

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-07-03 22:50 | 今日の出来事

言葉よりも

2008年7月1日。
本日で徳寿は1年を迎える事ができました。
言葉で表すには、どのような言葉で表現したら良いのか?
月並みな言葉ではありますが、
本当に皆様。ご支援いただきありがとうございます。
言葉であるよりも、徳寿ではこの気持ちを形で表す事が1番と心得ております。

より美味しいものを
より素敵な空間で
より楽しい時間を

まだまだ1歳。よちよち歩きの赤ちゃんでございます。
何卒これからも徳寿の成長をご支援くださいます様、
宜しくお願いいたします。

徳寿 NORIHISA KYOTO
スタッフ一同
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-07-01 03:20 | 今日の出来事

懐かしい日々

b0141174_2294927.jpg

ある日のオーダー
1998年ポムロール♪
女性のお客さまのご注文でした。
わたくしも少しおすそ分けしていただきながらこんな話になりました。

「1998年ってちょうど10年前だ~!」
「なにしてた?」
あんな事してた。こんな事していた。

と懐かしい日々はある時、突然。突風が吹いたかのように、訪れるものです。

10年前の私はといえば高校を卒業し、
「京都の大学だったらどこでもいいし」
となんとも夢心地に浸っていたあの頃。

みなさまは10年前は何をしていましたか?

徳寿NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-06-29 22:52 | 今日の出来事

忘れた頃に

今日もうれしい出来事が

時計の針が17:00過ぎたころいつものようにせっせとお店の準備をしていると、
暫くごぶさたしていた業者がいらっしゃったので、
どうしたのかな?
と思っていたところ、

「実は6月1日のリニューアルのお祝いにワインを届けるつもりが、
連絡の行き違いで届いてないと今日初めて知り、失礼と知りながら急いでお祝いワインを持ってきました。」

との事でした。

その方はイタリアの食材の業者さんで、そんなにたくさんワインを頼んでいるわけでもないのに、こうして勇んできてくださるってほんとにその方の一生懸命さが伝わります。

その方は他の営業の方に比べると見るからにしゃべりは決してうまいとは言えないのですが、
とにかく「一生懸命」なのです。

一生懸命な姿というのは人にパワーを与えてくれます。

こんな素敵な業者さんに徳寿は支えられているのです。

お客様にも感謝はもちろん。
今日はこの場をお借りして徳寿を支えてくれる業者さんすべてに感謝の気持ちをこめて。
厚く御礼申し上げます。

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-06-28 00:45 | 今日の出来事