<   2008年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

またまた行って参りました

先日の出来事ーまたまた行って参りました。
一保堂茶舗 定期教室
今回で3回めになります。
1度目は玉露の会
2度目は抹茶の会そして今回は「番茶の会」
プログラムの構成は今回も緻密に構成されており
1・番茶ってなに?と題して番茶の定義とは何ぞやを簡単に分かりやすく。
→ちなみに私は茶色のお茶がすべて番茶と思っていました(はずかし~)
2・おいしい淹れ方ーお茶全般に言える美味しい淹れかた3原則
3・4種類の味比べー実践あるのみ。淹れてみて飲んでみよう!
4・お茶選びについてー番茶は贈り物には不適切!?いえいえ普段飲むお茶こそもらってうれしいもの。こんなふうに贈ればGOOD。

【今回もあんなこともこんなことも勉強になったわ。】
と自慢したいのは山やまなのですが、ここでは是非みなさまに定期教室に参加していただき、ライブ感あふれるお茶の淹れ方・面白みを感じて頂きたく、割愛させていただきます。
お時間が合う方は是非ぜひご参加ください。

プログラムの構成も分かりやすく、どの種類のお茶の会に行っても学ぶべきことがあるのはスタッフのお教室に対するまっすぐな姿勢からも感じられます。
というのも
先日「玉露の会」に参加させていただいた際急須選びについて私が質問していた事を
今回の「番茶の会」の時にはすでに解説の項目に取り入れてご説明して頂きました。

生徒である私たちがお茶に対してどんな事を疑問にもっているのか、耳を傾け、すぐに次の定期教室に反映している真摯な姿勢。あっぱれです。

残るは「煎茶の会」楽しみです。

徳寿NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-09-29 01:26 | 今日の出来事

お花と向きあう

個室に飾るお花を生けるのになかなかうまく生けることが出来ず、悶々としていたところ
とっても素敵な先生に出会い、お教室に通うことになりました。
まずはどんな雰囲気でどんな風にお稽古しているのかと
体験見学に伺ったところ、
「まあとりあえず生けてみては?」
といきなり実践!!ひエーーーっ
思いながらせっかくなのでと思いきってえいっえいっ
出来上がった作品はこちら
b0141174_9455992.jpg

というのは冗談です
こちらの写真は
まずは私の生けた作品を先生が同じ花で生ける位置を変えるだけで
「こんな風に生けたらよりきれいにお花が表情をみせてくれるんじゃないのかしら?」
と生けなおしてくださり
「せっかくだからいろんなパターンがあるし、いろいろやってみましょ」
と生けてくださった中のひとつです。
ホトトギスが鮮やかです

1時間と少しですが、自分の凝り固まった生け方をやんわりほぐしていただきました。
まるで全身マッサージに行った帰りのようにすっきりしてお教室を後にしました。


お教室に興味がある方はこちらまで
岸さんのエッセイ
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-09-26 10:13 | 今日の出来事

グロテスクなものほど

「今日めっちゃ良い海老が入ったんでどうですか?」とすすめられ
そない言うなら
と今日は海老が本日のおすすめ
b0141174_1914121.jpg
正直見た目はごらんの通りグロテスク!!
甘海老のようにかわいらしいお顔はしておりません。
なんでもそうですが、すっぽんにしろなんにしろ、うまいものほど見た目は・・・
正直こちらの黒ざこ海老。食べるまで単なる押し売り商品かな?と疑っておりました。
賄いを食べ過ぎていたところに、
「味見せなお客さんに勧められへんやろ!」
と料理長に無理やりたべさせられたのでした。
b0141174_1918168.jpg























甘海老よりも甘みは強く感じられますが、さっぱりとした後味がこのざこ海老の特徴なのでしょうか?車海老のようなぷりぷり感はありませんが、旨みはたっぷりお酒をそそります。
「賄い食べる前に食べさせてよ。」
と心の中でぼやきながらも、お腹一杯でも美味しいものは別腹べつばらと。
今日も賄いを食べすぎた事に後悔する日々であります。

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-09-22 19:29 | 食材について

ひやおろしの季節です予告編

暑かった夏も過ぎ去り、食の秋に突入しました。
美味しい食材にはおいしいお酒は必須です。
みなさまお待たせいたしました。
ひやおろしの季節です。
ここで日本酒の豆知識を少し。
ひやおろしとは春に出来たお酒を酒蔵で静かに眠らせ、夏を経て熟成した味を楽しめるお酒です。
夏の暑さから開放され、気温がぐっと下がり、お酒の温度が冷たく感じられる頃に卸されるお酒なので「冷おろし・ひやおろし」と呼ばれるようになった由縁。

時が刻んだ味わいはより深く、風味は1段と増します。
さてさてうんちくはともあれ、うまいものはうまい。
早く飲みたいものです。
徳寿では季節限定10月1日よりひやおろしフェアを開催します。
夏のビールフェアにつづき日本酒のラインナップは以下のようになっております。

徳寿が厳選したひやおろしはこちら

秋田産 うまからまんさく 特別純米
静岡産 開運        純米
京都産 英勲        吟醸
滋賀産 喜楽長      特別純米
愛媛産 石鎚        特別純米

お楽しみに!

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-09-21 16:07 | 当店の一品

誰に何を言われようとも・・

最近衝動買いしてしまったものを今日はご紹介いたします。

b0141174_17122981.jpg


自分の姿勢に自信がある方はどれくらいいるでしょうか?

この靴MTBといいます。単なるちょっと厚底のシークレットシューズではありません。
東アフリカの半遊牧民でるマサイの人々の生活をコンセプトに着想したシューズです。
この靴は平たく言えば不安定な靴で、履いた瞬間、ボーっとしていては履くことはできません。
そもそも、
「人間が自然の凸凹のある地面を裸足で歩くとき、一歩一歩の動作がより単純になり、そして動作は単純になりますが、スモールマッスルと呼ばれる多くの筋肉が無意識のうちに、バランスを保ち、姿勢を正しく維持できる能力はもともと持っている。」
ところが自然の凸凹道を歩く事は日常の生活ではなかなかないものです。
人工的に不安定な履き心地を作りだすことで、無理なく正しい姿勢を導いてくれる靴。ではなくエクササイズ器具といえるでしょう。

初めてこの靴を知ったのは数年前病院の待合室で読んだ本に紹介させていて、
欲しいな~。でも高いしな~。
と心に温めていたところ、
数日前あるお客さまがMTBを履いて颯爽とご入店なさったのをみて、次の日買いに行ってしまいました。

スポーツタイプのものからカジュアル系・サンダル系とさまざまな種類のなかから私は仕事にも使えそうなものを選びました。ちなみにお値段は3万円と少し。
種類によってお値段は多少前後します。
京都では高島屋5Fスポーツシューズ売り場にて購入出来ます。
徳寿スタッフにへんてこりんなもの、また高いお金を払って。と白い目で見られようとも、私はこれでエクササイズしながら仕事させていただいております。

長時間、立ち仕事の方。おすすめです。

徳寿NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-09-15 03:31 | 今日の出来事

中間報告~

さて皆さん9月に突入し、日中は少しからっとした気候になりましたね。
8月20日からスタートしたビールフェアですが、皆さん興味深くご注文いただいております。

どのビールがトップ1になるのかスタッフも楽しみにしています。
今のところ
第1位 ダントツよなよな飲みたい「よなよなエール」
こちらは名前に皆さんインパクトを感じるみたいです。(注;味も美味しいですよ)
第2位 切れ味豊かなイギリス産「バスペールエール」
      やっぱり京都産のものを「平安~黒ビール」

第3位 こちらも興味をそそるネーミングハワイ産「ツナミ」 
     上質感あふれる香りと味わい「アサヒ熟撰」

という途中結果になっています。
どれもやはり追いつけ追い越せと競り合ってます。

どのビールが最終結果1位となるかはお楽しみに!(私が1番楽しみにしてるのかも?)

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-09-09 22:19 | 今日の出来事

抹茶をたのしむ

またまた楽しんで参りました。
b0141174_22431695.jpg

一保堂茶舗 定期教室 抹茶の会

今回は3つのプログラムからなり
1・抹茶が出来るまで
2・点ててみましょう(道具。上手く点てるコツを紹介)
3・楽しみ方・買い方

抹茶は苦い
抹茶=茶道(かしこまった)
のイメージが強く、とっつきにくいもの。
いえいえ他の飲み物に例えると、エスプレッソのよりも手軽な飲み物です。
そんな先入観のある方にこそ、受けていただきたい、そんな定期教室の内容でした。
書き込みたいのはやまやまなのですが、教室に足をお運びしていただきたいのでここでは割愛させていただきます。
味気ないブログになってしまいすが、ここはぐっとこらえて

旨み重視かさっぱり感重視かは、あくまで点てる方の好み、飲む方の好み。
苦味と旨みのバランスが重要。
今日もまたバランス第1と確信したのでした。

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-09-06 23:00 | 今日の出来事

バランス第1

b0141174_18193740.jpg

からすま周辺に今日は出勤前にうろうろしていたところ。
朝からなんにもそういえば食べてないな~。なんかさっくっと食べてから出勤しよう。
関谷江里さんのブログにのってたお店このあたりだったよな~
と自転車でふらふらしていたことろ。
運よく発見し、吸い込まれるように店内へ・・・

もともと食事をするつもりもなく家をでてきたので、超ラフな格好だったのも忘れていたので、
入ってみてお料理が出てくるまで場違いな自分の格好に反省。はずかし~。
でもでもせっかく来たのだから楽しんで帰ろう!(ずうずうしい心はいつも健在な私)
店主の佐藤さんに質問攻めにしてしまいました。(ごめんなさい)

飲食業の仕事だけをしているとどうしても凝り固まった考え方になってしまいがち。

「私は以前は違う仕事をしていて、接客もはじめてですし・・こんなもの作りたいあんなものも作りたいと気持ちばかりが先走ってしまって」
と素敵な笑顔でご謙遜なさるのでした。

「お店で何年も修行されている方とか調理学校を出ている方は美味しさを理論的に理解しているとは思うのですが、私はとにかく試してみてどっちが美味しいかなって比べて、試してみるんです。」
とまたまた笑顔。癒されました。

お店をやる限り、お客さまに出す限り、絶対こうなければいけない。
と頭が硬くなっていた自分にまさに目からうろこでした。
6月19日にオープンしてからまだ2ヶ月ちょっとのプティ・ムッシューさん。
自分の出したいものと出せるもとのバランスが素敵に演出できているお店でした。

固定観念にとらわれず自分に甘えず自分の気持ちの良いところで仕事をしている佐藤さんに同じ女性として魅了されてしまった今日この頃でした。

徳寿NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-09-05 19:57 | 今日の出来事

ひと手間そしてひと手間

b0141174_20172772.jpg

きらきらと金色なのはいわし。
このまま食べてもおいしいこと間違いなない!のですが、こちらは先付けのための1品。
こちらはまだまだ完成品ではありませんが、ついついつまみ食いしたくなるほど、美味しそう!

その1 ひと晩塩水に漬けこみ血抜き作業
その2 そして写真のようにこんがりと焼き目をつけ
その3 じっくりことこと1日がかりで焚き上げ
いわしの香梅煮のできあがり。
ご家庭ではなかなかカットしてしまいがちな工程を
惜しまないいわしの香梅煮はいわしの苦手な方にも是非ぜひ食べていただきたい1品です。
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-09-04 20:32 | 当店の一品