<   2008年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

さようならエキサイトブログ

本日よりエキサイトブログ→京つうブログに変更することになりました。

何卒よろしくお願いいたします。

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-11-25 21:37 | ご案内

貸切のおしらせ

11月29日(土)
誠に勝手ながら
昼の営業はお休みさせていただきます。
夜の営業は貸切とさせていただきます。


ご了承くださいませ。002.gif

徳寿 NORIHISA  KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-11-24 18:08 | ご案内

幸せのひととき

11月23日は連休のど真ん中!
という事もあり、京都は他府県からの観光の方であふれかえっていた事でしょう。

徳寿もこの日は東京・名古屋・奈良・福岡などなど
たくさんの方がおいでくださいました。ありがとうございます。001.gif

山ほどあるお店の中から徳寿をお選びいただき、うれしい限りです。

中にはお席が足りずお断りしてしまったお客様も。008.gif
本当に申し訳ございません

またのお越しを心よりお待ち申し上げております。

他府県の方々であふれかえっている中、
結婚記念日のお祝い053.gif
と徳寿でのお食事を選んでくださった方もいらっしゃり、
徳寿スタッフはみな独身という事もあり、

ご夫婦:「結婚っていいものよ♪」

声を揃えてお2人とも!!

幸せのおすそ分けをしていただいた今日このごろでした060.gif

徳寿NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-11-24 11:55 | 今日の出来事

ボージョレー解禁♪

b0141174_12311128.jpg

毎年11月第3木曜日に解禁となるもので、
この日以前にお店に入荷されても販売してはいけないことになっています。034.gif
もちろん、飲むことも禁止です。
フランスの都市リオンから1時間ほどの郊外にあるワイン作りの盛んな丘陵地、
ボジョレー地方で作られたワインでなくてはいけません。
その中でも、「ボジョレー」「ボジョレー・ヴィラージュ」という銘柄の新酒だけが、
「ボジョレー・ヌーボ」と呼ばれるワインになるのです。058.gif
 
仕込んでからわずか2ヶ月足らずで発売されるもので、ガメイ種を使用することが法律で決まっています。
決して高価なワインではなく、味としてもワイン通にとっては「おいしい」といえるものではないという評価も。
しかし、渋みが少なく、口当たりの良い軽めのワインなので、お値段的にも気軽に楽しむことができるワインで、
季節を感じる風物詩としてなくてはならないもの、という位置付けにあるワインのようです。
 
日付変更線の関係上、もっとも早く解禁日が来るのが、実はここ日本なのです。
ワインに親しむ第1歩として、ボジョレー・ヌーボを楽しむお祭気分にあなたも参加しませんか?070.gif

写真のワインは
ルー・デュモン・ボジョレー・ヴィエイユ・ヴィーニュ
ブルゴーニュで日本の職人魂でワインを作る醸造家の仲田氏のワインは地元でも大変高い評価を得ています。去年も大好評だった樹齢年以上の古樹から生まれた葡萄はじっくりと完熟し新酒を越えた美味しいワインと生まれ変わります。060.gif

徳寿ではグラスワインとチーズで¥1365(税込み)です♪
本日11月20日(木)から11月30日(日)までの10日間
期間限定のボージョレーヌーボーをお楽しみください056.gif

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-11-20 12:53 | ご案内

かにの季節です

こっぺ蟹って食べるとこな~い!!
そんな事を言っている方はどこのだ~れだ!?
b0141174_18325344.jpg


見てください!!
余すところなく取り出された身ときれいな卵たちを011.gif

こっぺ蟹とはいろいろな愛称でよばれていますが
松葉かに(ずわいかに)の雌のことを指します。
地元丹後地方では、「こっぺ」の愛称で昔から親しまれてるそう。043.gif
山陰地方では「せこかに」と呼ばれ、他にも、親がに、母かに、香箱など、土地、地方によっていろいろな呼び名があります。

特徴としては大きさも松葉かにと比べ、一目で分かるほどかなりの違いがありますが、見た目とは裏腹に、かにの美味しさをすべて含んでいると言えるでしょう。038.gif
写真にはアップされていませんが、かに味噌も美味056.gif

資源保護の為、漁獲時期は11月6日から翌1月10日の約2ヶ月間だけです。
漁が許されているのも、世界でも北陸から山陰にかけての日本海側だけです。
まさしくこの地方だけに許された特産品!!

お値段もお手ごろなため、居酒屋などでもよく見かけますが、食べにくいところが難点042.gif
徳寿では料理長が丁寧に身を取り出してくれています。
皆さんはあとはお箸で口に運ぶだけ♪

ご賞味あれ☆

徳寿NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-11-18 18:47 | 当店の一品

秋の晴天

出勤途中にこのままどこかへ行きた~い!!
と思ってしまうくらい
素晴らしい秋晴れ058.gifのひがつづきますね。
明日の夜からは少し崩れるみたい・・・008.gif心配042.gif

今日は富山から秋季御所一般公開日帰りツアーのお客さまのご予約を頂いております。

山ほどある料理屋の中から徳寿をお選び頂き、ありがとうございます。
素敵な旅の1ページとしてスタッフ一同精一杯勤めさせていただきます。001.gif

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-11-14 11:47 | 今日の出来事

八寸

「焼物八寸ってなんですか?」

お昼のコースの内容をご説明する際よく聞かれるので
ここで簡単に

焼き物と一緒に
その季節の食材。海のもの、山のものを数種類色鮮やかに盛り付けたものを指します。

b0141174_1858188.jpg


いろんなものが少しづつ頂けるのもうれしい038.gif

徳寿の焼物八寸のご紹介でした。

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-11-11 19:07 | 当店の一品

寒~い季節には・・・

b0141174_17401036.jpg

すっかり寒くなり、お鍋の恋しい季節になりました♪
フーフー011.gifあつッあつッ058.gif
すっぽん小鍋はいかがですか?
「寒いね~」
と背中を丸めていらっしゃったお客さまが
このお鍋を食べると。
ほっこり、体の芯まで温まってお帰りに。

今日はアサヒビールうまい生樽のお店に
徳寿も載せていただくことに。(出来上がり次第またお知らせします)

このすっぽん小鍋はHP写真撮影のために料理長に用意してもらいました。

もちろん撮影の後は私の特権-試食タイム。037.gif
賄いを食べた後にまたペロリ。
ひとり占めして美味しくいただきました。043.gif043.gif043.gif
徳寿の常連のお客さまが毎回必ずこのお鍋をお召し上がる理由
ガッテンしました060.gif

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-11-10 18:20 | 当店の一品

再び備前焼きについて

b0141174_12363265.jpg
b0141174_12372273.jpg


瀬戸、常滑、丹波、信楽、伊賀などとともに日本最古の陶器として「備前焼」はあまりにも有名ですが、

特徴としてその土そのものがネットリとした柔らかい感じや、
あの色から来る侘びた色調、土から受ける寂びた感覚などですが、
特にに窯の中で繰り広げられる窯変胡麻だれは備前焼きをドラマチックに演出してくれます。

若い頃はどれも同じものに思えたものですが、
ひとつひとつ手にしてみると、しみじみ味わい深い備前の面白みを感じるのです。

利休をはじめ古来有名無名の茶人がこよなく愛したわけも
「なるほど、納得!!」
歳を重ねるにと共に、少しづつ分かるようになりました。

写真では表現しきれないほどの表情をもつ器、(写真が暗くてすみません008.gif
お食事と共に、是非お楽しみください。

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-11-08 13:15 | 器について

な~るほど

みなさんいろんな方のブログをご覧になっているかとは思いますが、
私も毎日いつも読んでいるブログがあります001.gif

HAIR MAKE UP Bondの西田斉さんのブログです

な~るほど045.gifと感心してしまうことや【西田さんの在り方】に励まされる事が多々あります。003.gif

みなさんも良かったらブログのぞいてみてくださ~い。
逆にみなさんのおすすめのブログがあったらまた教えてくださいね!!
コメント待ってま~す029.gif
徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
by kyoto-norihisa | 2008-11-04 16:12 | 今日の出来事