お花と向きあう

個室に飾るお花を生けるのになかなかうまく生けることが出来ず、悶々としていたところ
とっても素敵な先生に出会い、お教室に通うことになりました。
まずはどんな雰囲気でどんな風にお稽古しているのかと
体験見学に伺ったところ、
「まあとりあえず生けてみては?」
といきなり実践!!ひエーーーっ
思いながらせっかくなのでと思いきってえいっえいっ
出来上がった作品はこちら
b0141174_9455992.jpg

というのは冗談です
こちらの写真は
まずは私の生けた作品を先生が同じ花で生ける位置を変えるだけで
「こんな風に生けたらよりきれいにお花が表情をみせてくれるんじゃないのかしら?」
と生けなおしてくださり
「せっかくだからいろんなパターンがあるし、いろいろやってみましょ」
と生けてくださった中のひとつです。
ホトトギスが鮮やかです

1時間と少しですが、自分の凝り固まった生け方をやんわりほぐしていただきました。
まるで全身マッサージに行った帰りのようにすっきりしてお教室を後にしました。


お教室に興味がある方はこちらまで
岸さんのエッセイ
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-09-26 10:13 | 今日の出来事

グロテスクなものほど

「今日めっちゃ良い海老が入ったんでどうですか?」とすすめられ
そない言うなら
と今日は海老が本日のおすすめ
b0141174_1914121.jpg
正直見た目はごらんの通りグロテスク!!
甘海老のようにかわいらしいお顔はしておりません。
なんでもそうですが、すっぽんにしろなんにしろ、うまいものほど見た目は・・・
正直こちらの黒ざこ海老。食べるまで単なる押し売り商品かな?と疑っておりました。
賄いを食べ過ぎていたところに、
「味見せなお客さんに勧められへんやろ!」
と料理長に無理やりたべさせられたのでした。
b0141174_1918168.jpg























甘海老よりも甘みは強く感じられますが、さっぱりとした後味がこのざこ海老の特徴なのでしょうか?車海老のようなぷりぷり感はありませんが、旨みはたっぷりお酒をそそります。
「賄い食べる前に食べさせてよ。」
と心の中でぼやきながらも、お腹一杯でも美味しいものは別腹べつばらと。
今日も賄いを食べすぎた事に後悔する日々であります。

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-09-22 19:29 | 食材について

ひやおろしの季節です予告編

暑かった夏も過ぎ去り、食の秋に突入しました。
美味しい食材にはおいしいお酒は必須です。
みなさまお待たせいたしました。
ひやおろしの季節です。
ここで日本酒の豆知識を少し。
ひやおろしとは春に出来たお酒を酒蔵で静かに眠らせ、夏を経て熟成した味を楽しめるお酒です。
夏の暑さから開放され、気温がぐっと下がり、お酒の温度が冷たく感じられる頃に卸されるお酒なので「冷おろし・ひやおろし」と呼ばれるようになった由縁。

時が刻んだ味わいはより深く、風味は1段と増します。
さてさてうんちくはともあれ、うまいものはうまい。
早く飲みたいものです。
徳寿では季節限定10月1日よりひやおろしフェアを開催します。
夏のビールフェアにつづき日本酒のラインナップは以下のようになっております。

徳寿が厳選したひやおろしはこちら

秋田産 うまからまんさく 特別純米
静岡産 開運        純米
京都産 英勲        吟醸
滋賀産 喜楽長      特別純米
愛媛産 石鎚        特別純米

お楽しみに!

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-09-21 16:07 | 当店の一品

誰に何を言われようとも・・

最近衝動買いしてしまったものを今日はご紹介いたします。

b0141174_17122981.jpg


自分の姿勢に自信がある方はどれくらいいるでしょうか?

この靴MTBといいます。単なるちょっと厚底のシークレットシューズではありません。
東アフリカの半遊牧民でるマサイの人々の生活をコンセプトに着想したシューズです。
この靴は平たく言えば不安定な靴で、履いた瞬間、ボーっとしていては履くことはできません。
そもそも、
「人間が自然の凸凹のある地面を裸足で歩くとき、一歩一歩の動作がより単純になり、そして動作は単純になりますが、スモールマッスルと呼ばれる多くの筋肉が無意識のうちに、バランスを保ち、姿勢を正しく維持できる能力はもともと持っている。」
ところが自然の凸凹道を歩く事は日常の生活ではなかなかないものです。
人工的に不安定な履き心地を作りだすことで、無理なく正しい姿勢を導いてくれる靴。ではなくエクササイズ器具といえるでしょう。

初めてこの靴を知ったのは数年前病院の待合室で読んだ本に紹介させていて、
欲しいな~。でも高いしな~。
と心に温めていたところ、
数日前あるお客さまがMTBを履いて颯爽とご入店なさったのをみて、次の日買いに行ってしまいました。

スポーツタイプのものからカジュアル系・サンダル系とさまざまな種類のなかから私は仕事にも使えそうなものを選びました。ちなみにお値段は3万円と少し。
種類によってお値段は多少前後します。
京都では高島屋5Fスポーツシューズ売り場にて購入出来ます。
徳寿スタッフにへんてこりんなもの、また高いお金を払って。と白い目で見られようとも、私はこれでエクササイズしながら仕事させていただいております。

長時間、立ち仕事の方。おすすめです。

徳寿NORIHISA KYOTO
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-09-15 03:31 | 今日の出来事

中間報告~

さて皆さん9月に突入し、日中は少しからっとした気候になりましたね。
8月20日からスタートしたビールフェアですが、皆さん興味深くご注文いただいております。

どのビールがトップ1になるのかスタッフも楽しみにしています。
今のところ
第1位 ダントツよなよな飲みたい「よなよなエール」
こちらは名前に皆さんインパクトを感じるみたいです。(注;味も美味しいですよ)
第2位 切れ味豊かなイギリス産「バスペールエール」
      やっぱり京都産のものを「平安~黒ビール」

第3位 こちらも興味をそそるネーミングハワイ産「ツナミ」 
     上質感あふれる香りと味わい「アサヒ熟撰」

という途中結果になっています。
どれもやはり追いつけ追い越せと競り合ってます。

どのビールが最終結果1位となるかはお楽しみに!(私が1番楽しみにしてるのかも?)

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-09-09 22:19 | 今日の出来事

抹茶をたのしむ

またまた楽しんで参りました。
b0141174_22431695.jpg

一保堂茶舗 定期教室 抹茶の会

今回は3つのプログラムからなり
1・抹茶が出来るまで
2・点ててみましょう(道具。上手く点てるコツを紹介)
3・楽しみ方・買い方

抹茶は苦い
抹茶=茶道(かしこまった)
のイメージが強く、とっつきにくいもの。
いえいえ他の飲み物に例えると、エスプレッソのよりも手軽な飲み物です。
そんな先入観のある方にこそ、受けていただきたい、そんな定期教室の内容でした。
書き込みたいのはやまやまなのですが、教室に足をお運びしていただきたいのでここでは割愛させていただきます。
味気ないブログになってしまいすが、ここはぐっとこらえて

旨み重視かさっぱり感重視かは、あくまで点てる方の好み、飲む方の好み。
苦味と旨みのバランスが重要。
今日もまたバランス第1と確信したのでした。

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-09-06 23:00 | 今日の出来事

バランス第1

b0141174_18193740.jpg

からすま周辺に今日は出勤前にうろうろしていたところ。
朝からなんにもそういえば食べてないな~。なんかさっくっと食べてから出勤しよう。
関谷江里さんのブログにのってたお店このあたりだったよな~
と自転車でふらふらしていたことろ。
運よく発見し、吸い込まれるように店内へ・・・

もともと食事をするつもりもなく家をでてきたので、超ラフな格好だったのも忘れていたので、
入ってみてお料理が出てくるまで場違いな自分の格好に反省。はずかし~。
でもでもせっかく来たのだから楽しんで帰ろう!(ずうずうしい心はいつも健在な私)
店主の佐藤さんに質問攻めにしてしまいました。(ごめんなさい)

飲食業の仕事だけをしているとどうしても凝り固まった考え方になってしまいがち。

「私は以前は違う仕事をしていて、接客もはじめてですし・・こんなもの作りたいあんなものも作りたいと気持ちばかりが先走ってしまって」
と素敵な笑顔でご謙遜なさるのでした。

「お店で何年も修行されている方とか調理学校を出ている方は美味しさを理論的に理解しているとは思うのですが、私はとにかく試してみてどっちが美味しいかなって比べて、試してみるんです。」
とまたまた笑顔。癒されました。

お店をやる限り、お客さまに出す限り、絶対こうなければいけない。
と頭が硬くなっていた自分にまさに目からうろこでした。
6月19日にオープンしてからまだ2ヶ月ちょっとのプティ・ムッシューさん。
自分の出したいものと出せるもとのバランスが素敵に演出できているお店でした。

固定観念にとらわれず自分に甘えず自分の気持ちの良いところで仕事をしている佐藤さんに同じ女性として魅了されてしまった今日この頃でした。

徳寿NORIHISA KYOTO
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-09-05 19:57 | 今日の出来事

ひと手間そしてひと手間

b0141174_20172772.jpg

きらきらと金色なのはいわし。
このまま食べてもおいしいこと間違いなない!のですが、こちらは先付けのための1品。
こちらはまだまだ完成品ではありませんが、ついついつまみ食いしたくなるほど、美味しそう!

その1 ひと晩塩水に漬けこみ血抜き作業
その2 そして写真のようにこんがりと焼き目をつけ
その3 じっくりことこと1日がかりで焚き上げ
いわしの香梅煮のできあがり。
ご家庭ではなかなかカットしてしまいがちな工程を
惜しまないいわしの香梅煮はいわしの苦手な方にも是非ぜひ食べていただきたい1品です。
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-09-04 20:32 | 当店の一品

あわび

今日はとっても美味しそうなあわびが入ったのでパシャリ。
最近しばらく、お店のお料理をご紹介できていなかったので、本日は久しぶりに。
b0141174_2293255.jpg

私はお造りを食べるときは燗酒をあんまり飲まないのですが、あわびだけは別格に燗酒が欲しい~と。禁断症状がでてしまいます。

他のお造りなどもそうだと思うのですが、鮮度はもちろん、切り口、切り方、切り身の大きさで
お造りの味は大きく7変化します。
切っただけと思われがちなお造りこそ、食材を生かすか殺すかは調理人しだいなのであります!!
今回は斜めに照らして切っていますが、さいころ状にカットしたあわびもGOODです。
皆さんはどちらがお好きですか?
徳寿で食べ比べしてみても面白いかもしれませんね。
食べ比べおすすめします。

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-08-30 22:25 | 当店の一品

イタリアワイン

今日は先日サンタルチア(大阪 肥後橋近く)に伺った時のワインのご紹介を。
b0141174_2142456.jpg


"Cerro"Verdicchio di Matelia D.O.C 2006
ブドウ品種ヴェルディッキオ

熟した果実やアーモンドの香り、花の香りがあり味わいは辛口ではありますが、とっても飲みやすいワインです。
どのくらいのみ易いかといえば、ソフトドリンクのようにがぶがぶ飲みたい感じです。

シャブリなどより辛さはやや控えめですが、お魚などにもよくあいます。

実は徳寿でもご用意しておりますので、和食に合う白ワインをお探しの方、お待ちしております。

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-08-29 21:21 | 当店の一品

大阪へ

b0141174_22325745.jpg昨日は水曜日。
大阪(肥後橋)までイタリアンを食べに行ってきました。
ずーっと前から行きたい行きたいと懇願していたところで、やっと日にちの都合がつき、行くことができました。

地下鉄四ツ橋線肥後橋から徒歩3分。
一本大通りから入ると、素敵な外観のイタリアンのお店がずらずら。
どうやら肥後橋駅近辺はイタリアン激戦区らしいのです。

入り口ドアを開けると、どーんとピザ釜が待ち構えてくれていました。
b0141174_22401199.jpg


すてきにソムリエの方がお食事とワインのエスコートしてくださったので4人で行って、前菜盛り合わせ、ピザ2枚、パスタ1皿を。
b0141174_2249784.jpg
b0141174_22501178.jpg
b0141174_22513875.jpg
b0141174_2312046.jpg












おなかぺこぺこにしていったのですが、たくさん食べたいと思いながらも、やはりピザやパスタはお腹にたまってしまい。食い意地が張っているわたしもさすがにギブアップ。
ピッツァ生地はモチモチしっとり、釜で焼き上げたピッツァ。
時間を忘れて、左手にピッツァ。
右手にはワイン。休む暇などありません。
ビールに始まり、白ワイン1本・赤ワイン1本調子にのってグラッパまで飲んでしまいました。
(注:4人でですよ~)
お腹一杯!!と言いつつもデザートとエスプレッソを頂き、楽しいお食事会でした。

京都からは少し遠いかもしれませんがみんなでわいわい、素敵な空間とお食事を楽しめるお店です。機会ありましたらみなさま是非行ってみてください。

サンタルチア
b0141174_23201629.jpg

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-08-28 23:23 | 今日の出来事

あなたはどのビール?

ビールフェア始まりました。スタッフも試飲をし、おのおのこれが1番好き!というビールがあります。

取り寄せたものの、自分の好みではないものなどもあり。意見はさまざま。
(好みがあるので当然です。決して美味しくないものを取り寄せたのではありませんよ~あしからず)

でもでもやっぱり自分の好きなビールが1番に売れたらいいな。

と心に秘めています。
どのビールが一番人気だったかは期間終了後皆様にもご報告いたします。
お楽しみに!!

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-08-26 02:04 | 今日の出来事

ビール!ビール!ビール!


夏の終わりをビールを飲んでかみ締めましょう!
徳寿は本日より9月30日までビールフェアを開催します。

今年も夏を満喫した方も、そうでない方も、夏の締めくくりにビールをじっくり味わいましょう。
b0141174_1485058.jpg


この季節にこそ厳選ビールを各種取り寄せました。
今回取り寄せた選りすぐりのビールは(写真右から)
香りや風味を楽しみたい方に
長野 よなよなエール   ¥630   フルーティな香りとさわやかな苦味、よなよな毎日飲みたい!
京都 平安ビール     ¥945   黒ビールの苦手な方には特におすすめ、きっと深い味わいがやみつきに
英国 バス ペールエール¥630   切れ味だけではありません嫌味のない香りが食事の際にも最適

b0141174_147715.jpg

こちらでは目新しいものだけご案内します(写真中央2本)
苦味やコク・マイルドな味がお好きな方に
右 ハワイ ツナミ     ¥840 ホップの香りと深みのあるコクはやみつきに。濃厚な味。                     
左 アサヒ熟撰       ¥735 長期熟成によっての味わいはすっきりしている中にも深い味わいと上質の香り


どれを飲んでも同じだ!そう大してかわらへん。。。
そうつぶやいているあなた!!思い込んでいるあなた。そんな事はありません。
ビールも人と一緒で個性たっぷりなのです。

今日から9月30日までの期間限定企画です。
皆さん。お試しあれ。

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-08-24 00:53 | ご案内

9月30日まで!

お盆明けからは吹き入る風が涼しくなりましたね。
あんなに暑い夏なんて早く過ぎ去ってしまえば良いのに。
と思っていた気持ちを少し懐かしく感じてしまいます。

徳寿ではみなさまに感謝の気持ちを込めて!?
いえいえそれはもちろんの事なのですが、
より一層多くのお客様に徳寿を知っていただきたく、こんな企画をしています。
¥8400おまかせコース→¥5250

  前菜
  お造り盛
  吸い物
  焼き物
  サラダ
  油物
  温物
  冷物
  釜焚きご飯
  止椀
  鶏塩焼き
  デザート
  珈琲または紅茶

内容は仕入れによって変更する場合はございますのでご了承くださいませ。

みなさま是非お問い合わせの上、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-08-23 23:20 | 新着情報

まぼろしの?焼酎!?

明日に響きにくく、男女問わずまだまだ焼酎ブームは続くでしょう。
手に入りにくいものはとことん入手困難。
ネットオークションではこんなに高くても買う方はいるの?
と疑問を持ってしまう時もありますが、
ワインなどの価格にしてはまだまだ庶民にはうれしいお値段かもしれませんね。

幸い徳寿の料理長が宮崎県出身ということもあり、徳寿でも今のこの時期には入手困難なまぼろし(言いすぎ??)が最近入荷しました。
赤霧島(あかきりしま)
b0141174_23125391.jpg

むらさき芋独特の自然な甘みと旨みは好きな方にはたまりません。
私もそのうちのひとりです。

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
# by KYOTO-NORIHISA | 2008-08-18 21:48 | ご案内

パンフレット完成

じゃーん!!
パンフレットを新たに作成しました。
お店の雰囲気やこんな御料理をご提供しています。
というような内容のご案内パンフレットを作成しました。
b0141174_21352097.jpg

b0141174_21372795.jpg

表紙の裏には
「えっ!本当に?」
というくらいうれしい特典がついています。
お楽しみに。

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-08-14 21:47 | 新着情報

ばっかん

今日も新たな食材が
b0141174_23202182.jpg

ご存知の方からしてみればな~んだ!という事なのですが、
ご年配の方はご存知の方も多いかも?

甘ウリ、まっかウリ。ともいうそうです。
ウリ科の野菜でメロンのような香りがします。
日本にもまだまだ知らない野菜が盛りたくさん!
新たな発見でした。
美味かどうかはこの野菜の認知度に比例しているのかな?
とふと思いながらも、
新たな食材に出会うと料理長は
「見て!見て!」
とまるで子供みたいにうれしそうです。

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-08-10 23:20 | 当店の一品

特別コース¥5250

みなさんはお盆休みはどうお過ごしですか?
徳寿周辺の荒神口近辺はお盆に帰省した方々や大文字送り火の見学者で去年もわいわい賑わいました。
徳寿が1年の中で一番にぎやかな時期かもしれません。
昨年の混雑を避けるため、今年は
8月15日は5250円コースアラカルト料理
(その他のコースはお休みさせて頂きます)

8月16日は5250円コース限定

(その他のコース・アラカルト料理はお休みさせて頂きます)

小さなお店ですのでご予約していただけましたら幸いです。

みなさまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

徳寿NORIHISA KYOTO
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-08-09 20:35 | ご案内

たい焼きへの道はつづく

自家製たい焼きです。
決して仕事中に遊んでいるわけではありません(笑)
ですが空き時間に遊び心で焼いてみました。
b0141174_1162972.jpg


お手軽に出店なんかで食べてたことを思うと、たい焼きって職人技です!!
生地の厚みとあんこの甘さ加減。
まるでにぎり寿しの様に、寿しネタとシャリのバランスと同じくらい重要です。

たい焼きの道はまだまだつづくのであった。

徳寿NORIHISA  KYOTO
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-08-08 01:24 | 当店の一品

SORRY

b0141174_2324637.jpg

さすが観光地ー京都KYOTO
海外からのお客さまは徳寿も少なくはありません。

山ほどあるお店の中から徳寿をお選び頂き本当にうれしい限りです。
今日もポルトガルからのお客さま。
なんでも高松と東京でバレエの公演のために来日されたそう。
京都の暑さに耐えれるかしら。とこちらが心配になりました。

カタコトの英語とジェスチャーで必死に御料理のご説明。
こんなときしっかり語学の授業をでておけば。と後悔しています。

もっと「この御料理はこうやって作ってるんですよ。」
などと流暢に説明できたら・・・。
海外からのお客さまがいらっしゃるたびに、反省はんせい。
みなさまとっても親切にしてくださってありがとう。
と言葉を残して帰るのですが、
語学強化!!
徳寿の課題のひとつであります。

徳寿NORIHISA KYOTO
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-08-08 00:01 | 今日の出来事

新さんまの季節です

人の好みは様々ですが、みなさんどの時期のさんまがお好きですか?
さんまといえば秋!!という方も多いかもしれませんが断然私は今時期のさんまが一番美味しいと思います。
b0141174_20442034.jpg

喜び勇んで帰ってきた料理長は
「今日は新さんま買うてきたで~」
ととってもご機嫌でした。
幸いお客さまもご注文いただき、うれしい瞬間です。
よくあるのです。
せっかく仕入れてきた美味しい旬のものをお客さまが口にすることなくという事が。
今日はお客さまもご機嫌。スタッフもご機嫌の1日でした。

徳寿NORIHISA KYOTO
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-08-03 22:21 | 当店の一品

おもてなしの心得

またまた行って参りました。一保堂茶舗のスペシャルイベント
「夏のおもてなし」がテーマのイベント。

寺町二条下ルのフローリストショップ プーゼさんと二条上ルの一保堂で「涼を呼ぶ夏のおもてなし」をご提案する
約90分のイベントでした。

プログラムは巧みに構成されており、水出しのお茶(玉露と煎茶)を抽出している約50分の間に
かわいらしいお花のアレンジメントを。

お茶の簡単な説明からはじまり、今回は水出しお茶がメインですのでこの淹れ方の特徴と旨味。
プーゼさんはお花の長持ちするコツからこんなものにお料理やお茶をのせておもてなししてみては?あんなんもこんなんも身の回りを見渡すべし。

アレンジメントが出来上がりみんながほっと一息いれたいと感じた頃に仕込んでおいたお茶をいただきました。
さらにさらに最後に一保堂さんスタッフから参加者1人ひとりにお抹茶のお手前をおもてなししていただきました。
お抹茶の新たな飲み方。飲み方は自由。そしてもっと身近でこんなお菓子と合いますよ!
とお抹茶の興味深々なお話ばかり。

という今回も退屈無用!お抹茶の定期教室にも行きたくなるようななんともうまいことできたプログラムでした。


水出しのお茶もお花のアレンジメントも両者とも初心者向けに構成されており、定期教室に続き価値あるイベント¥5250でした。b0141174_18132925.jpg
時間内で作ったフラワーアレンジメントはお持ち帰り出来ます。早速お店に持ち帰りパシャリ。
自分が作ったものとなると、なんともかわいく思えてくるものです。
こちらもわたしがうんちくを語るよりみなさん是非ぜひ参加してみてください。(男性の方もきっと楽しめるイベントです)
私が参加したのは8月1日(金)13時30分からのイベントでしたが残念なことに8月2日(土)はどの時間も満席だとの事。




毎回このイベントは満員御礼状態だそうです。(参加して納得)
次回のイベントは未定ですが、定期教室は以下の通りです。
b0141174_21405948.jpg


興味ある方はこちらにお問い合わせください。

徳寿 NORIHISA KYOTO








------------
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-08-02 04:32 | 今日の出来事

自家製かりんとう

b0141174_0162731.jpg
お食事のあとにいかかですか?とお口直しにみなさまにおだししている自家製かりんとうです
徳寿では毎日玄米を精米にしてご提供しています。
そこで米ぬかがたまる一方なのでかりんとうに練りこんでみたところ。
大好評!
ヘルシーかどうかは疑問ですが、米ぬかの甘みが自然な旨みと共に広がり、
お食事の後にはもってこいなのです。
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-08-01 00:27 | 当店の一品

お茶について


b0141174_22342154.jpg
お待たせしました
行ってきました!!一保堂茶舗さん。定期教室。
今回は玉露の会。
基本的な玉露の丁寧な淹れ方から
急な来客や7・8人の来客にもそこそこ美味しく飲める裏技まで!
濃厚なエッセンスの詰まった4つのプログラムで構成された玉露の会でした。

1・簡単なお茶の種類についての「玉露が出来るまで」からはじまり、説明ばかりで退屈する暇などありません。
2・まずは実践あるのみ!!「淹れてみましょう」一人ひとり急須と湯のみが手渡されます。
3・あくまで嗜好品。高価なものには理由があります。「玉露の選び方」
4・お茶は生きています。以外に知らなかった「お茶の保存」


私が今回のこのイベントで一番驚いた事は玉露は外のお茶と違ってウイスキーのように1滴
1滴を舌の上で転がして味わうもの。
本来小さめお酒のお猪口くらいのものでちびちびやるものとの事

私がここでうんちくをコメントするよりみなさんも是非是非参加してみてください。
インターネットによくあるお茶の入れ方の基本とはまったく違い
見て。触って。匂って。感じて。
5感をフルに使った約1時間¥1575(税込み)のイベントでした。

きっと価値あるイベントと感じてくださると思います。
興味のある方はこちらをごらんください。
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-07-28 22:35 | 今日の出来事

焼酎いろいろ

徳寿では数多くのお酒よりも、安心して飲めるお酒をご用意しています。
今日は新しい焼酎が入荷したのでそのご案内。

b0141174_035789.jpg

造り手は鹿児島県の櫻井酒造
ご家族のみ酒蔵で丁寧に作っている芋焼酎です。

櫻井と相良(さがら)

特に櫻井のお味は本当に芋焼酎!?
というくらい甘さと香ばしさが口のなかに広がるのが特徴です。

ふんわりとした味に対して

相良は男前!とでも言いましょうか?
キリリとした芋の旨みを余すところなく表現してくれます。

どちらもお湯割り、ロックがおすすめです。

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-07-23 00:07 | 当店の一品

和食のあとも

b0141174_0565644.jpg

食事の後にお茶もいいですが、和食の後でもコーヒーは飲みたいもの。
徳寿ではカフェで使用していた本格的なエスプレッソマシーンがあります。
挽きたての豆で入れたコーヒーの香りはリラックス中枢を刺激します!!

ゆっくり落ち着いてお食事と空間を楽しみに来てください。

徳寿NORIHISA KYOTO 
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-07-20 01:02 | ご案内

夏のおもてなし

b0141174_23243499.jpg

素敵なイベントのご紹介
一保堂さんのイベントを発見しました。
ご存知の方もいるとは思いますが、
夏に美味しい水出し玉露と煎茶の入れ方をお花のアレンジメントと共に
ご紹介していただくイベントです。
一保堂さんは定期教室の講座も開いているのでそちらも是非参加してみようと思います。
興味のある方はHPをご参考にしてみてください。

食事の後にほっとするお茶はやっぱり美味しくないと!
お茶に入れ方を思考錯誤している毎日なので、よりよい美味しい入れ方習得してきます!!
みなさましばしお待ちを!

徳寿 
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-07-18 23:37 | 今日の出来事

土用の丑の日は

お知らせです
7月24日(木)限定
徳寿では自家製うなぎの蒲焼き・白焼き・うなぎの棒寿しのご予約を承ります。
琵琶湖産のうなぎを丁寧に開きにし、焼き上げました。
数に限りがございますのでお早めにご注文お願いいたします。
b0141174_2244512.jpg

うなぎの蒲焼き 1本¥1260(税込み)
うなぎの白焼き 1本¥1260(税込み)
うなぎの棒寿し 1本¥1680(税込み)

各限定20本です
なお徳寿ではお客さまによりお求め安い価格でご提供したいと思い、簡易包装とさせていただきます。何卒ご了承ください。
徳寿NORIHISA KYOTO
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-07-17 22:11 | 当店の一品

HIOUGI

b0141174_21572320.jpg

花言葉:個性美
誕生花:ひおうぎ

「桧扇」と書きますが、これは幅広の葉がきれいに並んでいる形が、平安時代の貴族が持っていた桧扇によく似ているところから名づけられたそうです。

黄色かかったオレンジ色のつぼみは、もう少しすると赤い斑点のある、あでやかな花を咲かせます。

青々とした葉を見ているとほんの少しではありますが、涼しげです。
季節の花が祇園祭りへの想いをつのらせてくれます。

徳寿NORIHISA KYOTO
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-07-14 22:10 | ご案内

美濃焼き

今日は徳寿の器の美濃焼きについて

美濃焼は遊び心あふれる焼きもので、奔放な絵付け・大胆な形・斬新な釉薬が特徴であるといわれています。

 美濃焼には多くの種類があるが大別すると「黄瀬戸」「瀬戸黒」「志野」「織部」の4グループに分けられます。
b0141174_025544.jpg


こちらの器は織部です。

さまざまな料理を盛っていろんな表情をみせてくれるでしょう。

徳寿 NORIHISA KYOTO
[PR]
# by kyoto-norihisa | 2008-07-13 00:31 | 器について